レンコンの藤本さん

金峰山をバックに藤本さんご夫妻

熊本港のすぐそばにお住まいの藤本さんは、レンコンとミニトマトを生産されています。

働き者の奥さん

「結婚してから、31年間ずっと レンコンの生産をしてきました。」と話される奥さんは、明るく働き者です。 息子さんと娘さん、家族四人で仕事をされています。

大切に積み込みます。

先代からレンコン生産をされている ご主人は 「品質に こだわりを持って、肥料も 随分苦労して 有機質の良い物を探しました。」 と 話されます。 

レンコンは時期によって管理方法を変えることにより年中収穫できるそうです。その中でも一番柔らかくて白いのは、11月から12月に堆肥を入れ、3月に ビニールを張って温度管理したものだそうです。

熊本特産早堀りハウス促成のパッケージ写真

この方法は、このパッケージにあるように、「早堀りハウス促成」 として全国でも熊本産が一番多いのだそうです。

レンコン箱の写真

生活改善の会では、やわらかい高級品がお手頃の価格で提供できる時期を限定したうえで、鮮度を保つために泥付きのまま出荷していただいています。
家庭でも、泥をつけたまま水で濡らした新聞紙にくるみ、乾燥しないようにビニール袋などにいれてから冷蔵庫の野菜室で保存してください。

露地物の出荷は7月中旬ぐらいからで、「少し小さく硬くなります」とのことです。

家の周りはレンコン畑です

家の周りは一面すべてレンコン畑です。

生で食べてもここのレンコンはおいしいと  皆さんから太鼓判を押されています。

近くの 海のかすかな塩風が さわやかでした。 

6月末出荷分をご予約受付中です。以下のページからどうぞ。

6月末〜7月初め出荷、藤本さんの泥つきレンコン(2Kg入り)のご注文ページ

6月末〜7月初め出荷、藤本さんの泥つきレンコン(1Kg入り)のご注文ページ

真言寺生活改善の会あぐり倶楽部では、食物の面から、皆様の生活の基本を整えるお手伝いをするために、生産者の顔が見える、安心・安全な農産物とその加工品をお届けしています。基本的に、減農薬または無農薬、収穫前後の薬剤散布のないもの、旬のもので完熟、もしくはそれに近い美味しいものです。

毎回更新!最近の野菜セット内容

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ